忍者ブログ
ドロップアウトしていた筆者が上海暮らしするブログ。成長の為とかこつけて色々見聞してます。 掲載情報の正確性については注意を払っておりますが、筆者独自の視点につき責任を負いかねますのでご了承ください。ご参考までにどうぞ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回荷物を海外へ発送するにあたり得た知識を簡単に備忘しておこうと思います。
以下、ご参考までに。2010/5/29

郵便局で送る場合。
【国際小包・EMS(国際スピード郵便)】編

①EMS
 一番早いがその代わり高い。
 品物がちゃんと届く確率が一番高いといわれる。
②航空便
 EMSの次に速い。
③SAL(サル)便
 飛行機で発送先の国まで運んだ後、船便扱いになる。
④船便
 遅いが安い。

値段の高さ: 高① > ④低
届く速さ: 速① > ④遅

その他:
・①~③はリチウム電池付属の電化製品不可。
・集荷対応の郵便局に電話すれば荷物を集荷してもらう事が出来る。
 問い合せ等の案内→http://www.post.japanpost.jp/question/contact_us/index2.html
・20万円を超える物を発送する場合、輸出に関する書類を書かなければならない。
・送れる重さは30kg/箱まで。(但し発送先の国によっては厳しくなる場合がある)
・いずれも日本郵便のサイトから荷物の追跡サービス有り。
 http://www.post.japanpost.jp/int/index.html

豆知識:
船便の配達日数が遅い3つの理由・・・
①船便では自分の荷物が集荷されても、他の荷物がコンテナいっぱいになるまで待つ為、時間が掛かる。
②飛行機と比べて船の方がそもそも速度が遅いので時間が掛かる。
③港に付いた後も、配達地区によってコンテナ分けされる(やはり荷物が集まるまで待つ)為、時間が掛かる。
サル便の「発送先の国まで運んだ後、船便扱い」というのはこの③の事。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[01/29 oruma]
[01/28 ファジャンシ]
[01/05 oruma]
[01/04 お久しぶり]
[12/08 oruma]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
oruma
性別:
男性
趣味:
旅行、読書など
自己紹介:
現在、中国の上海に住んでます。私生活は基本的に節約、でもネタや趣味には投資を惜しまぬ、そんな矛盾した生活を送ってます。
カウンター
アクセス解析
P R


ヒッチハイクマニュアル


バーコード

Copyright © [ 上海さぽってん日誌 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]