忍者ブログ
ドロップアウトしていた筆者が上海暮らしするブログ。成長の為とかこつけて色々見聞してます。 掲載情報の正確性については注意を払っておりますが、筆者独自の視点につき責任を負いかねますのでご了承ください。ご参考までにどうぞ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/25 6日目 玉樹

ここに来れて本当に良かった。

たなびくタルチョ、空を舞うルンタ
今回の旅における自分的ベストスポット。
人々の祈りが天に運ばれるのであろう場。

前日、ついに目的地である玉樹に到着。
後は帰るのみである。
CIMG3781.JPG
↑玉樹→西寧の寝台バスチケット(176元)。

バスは康定と甘孜の時と同じように翌日出発の為、
この日は街ぶらつき日。

CIMG3705.JPG CIMG3708.JPG
↑街の中央ロータリー(左)と、そのすぐ隣にある広場。
この時はまだ日が昇っていない。
広場ではお香を売っていたり、中央の銅像をマニ車に見立てて
その周りを時計回りでぐるぐる回っている人がいた。
不思議な事にただの通りすがりの人も、
殆どがこの近くを通るときは時計回りで歩いていた。

CIMG3713.JPG
開店前のお店。扉の装飾が凝っている。

CIMG3717.JPG
広場ではヤクが朝の放し飼いにされていた。

CIMG3719.JPG
同じく広場から見えた風景。
今日は奥に見える丘(山?)に登ってみる事にする。

CIMG3728.JPG
道すがらのある交差点で撮った写真。
交差点中央の犬と太陽の構図が妙に印象的だった。
何だか太陽が近くないか?

途中のゴンパでは修行僧の人が見かけられ、
昼にはこの付近で子供達が元気よく遊んでいた。

CIMG3800.JPG
同じく山道の途中で撮った写真。
こんなところで誰か寝るというのか?
その疑問は後で一つの仮説を思いつき解消される。

CIMG3803.JPGCIMG3810.JPG
タルチョの数が半端なく多い。
そしてものすごく風が強い。
ちなみにこれらの紐は頂上にあった電柱に絡み付いている。
危険じゃない?と思ったが、
その様はまるで人々の信仰が科学文明を侵食しているかの如くに見えた。
途中で何度かルンタを持参した
地元参拝者らしき人達に遭遇したのだが、
そういう習慣が日常に根付いているんだなぁ、と思った。

CIMG3785.JPG
この段階で既に街が一望できる。

しかし更に進み、
CIMG3821.JPG
数あるタルチョを掻い潜ると。

CIMG3809.JPG
山と空。
その大きさは写真に納まりきらない。

マニアックな話だけど、
この山を見た時にMP3で聞いてた曲が
たまたまMOTHERの曲だったので
自分の中で勝手に
ホーリーローリーマウンテンと呼ぶ事にした(笑)。

暫く目の前に広がる風景に呆然としていると、
空に何かが舞っている事に気付いた。

何となく今きた道を振り返ってみると
幻想光景 果てしない空の下にて。
強い風にタルチョがたなびき、
ルンタが風に飛ばされ空へとばら撒かれていた。

その幻想的で荒々しい光景は
祈りが空に「運ばれる」、というよりもまさに「飛ばされる」
という表現のほうが適切で、
その印象は昨日宿の一件でへこんでいた
自分のネガティブさを吹き飛ばすのに十分だった。

この瞬間、自分の中で
自然(神?)>信仰>科学
という図式が浮かんだ。

風が吹いているときは寒かったが、
陽が差しているときはぽかぽかしていたので、
心行くまで目の前に広がる光景を堪能する事にした。
そこで、先ほどの簡易居眠りセット?は
この為のものではないかという仮説を思いつき、
そう解釈する事にした。
その方が面白い。

結局1時間ぐらい居て、街へと戻る。

CIMG3839.JPG
↑広場にある銅像と広い青空の相性の良さは異常。
銅像はなかなか良い作りこみをしており、
躍動感がある。

この日は結局何も主食を食わなかった。
あと、この旅を通じてだが
結局、高山病の薬は使わないで済んだ。

おまけ
こんなところにまさかの彼が!?
↑市場の前で見かけた某光の国から出張中?らしい彼。
いや、ひょっとしたらそっくりさんかもしれませんけどっ。

続く。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[01/29 oruma]
[01/28 ファジャンシ]
[01/05 oruma]
[01/04 お久しぶり]
[12/08 oruma]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
oruma
性別:
男性
趣味:
旅行、読書など
自己紹介:
現在、中国の上海に住んでます。私生活は基本的に節約、でもネタや趣味には投資を惜しまぬ、そんな矛盾した生活を送ってます。
カウンター
アクセス解析
P R


ヒッチハイクマニュアル


バーコード

Copyright © [ 上海さぽってん日誌 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]